菅山寺探鳥会 2016.5.21~22 

21日(土) 天気:晴れ 時間:13:00~15:00
 この日は前日の下見なので、午後からの入山。山頂駐車場では春のタカ観察をされていました。賤ヶ岳の脇を100羽以上が通過したようです。山中では今晩のキャンプ仲間と遭遇、アカショウビンの声はよくしていましたが姿は見られず。クロツグミ、キビタキの囀りが山中に響きます。キビタキの可愛い姿は朱雀池で見られました。盛んに虫をとり、何匹もくわえていました。巣に餌を運んでいるのでしょうね。また近江天満宮の開けた上空を帆翔するハチクマが見られました。帰り道では、オオアカゲラの姿も見られました。
「主な観察種」
キジバト、アオバト、ツツドリ声、ハチクマ3、トビ、アカショウビン声、コゲラ声、オオアカゲラ♂、アオゲラ、サンショウクイ、サンコウチョウ声、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、メジロ、クロツグミ声、コサメビタキ、キビタキ♂、オオルリ声、カワラヒワ、イカル、ホオジロ etc.

22日(日) 天気:晴れ 気温:15~25℃ 時間:8:30~13:10
 探鳥会当日です。この日も晴れ渡り、朝から暑いです。前日なので昨日に比べ鳥の声が多いです。朱雀池では早朝に巣だったイスカの親子を見ることが出来ました。冬の鳥というイメージがあるので、この時期に見られラッキーでした。アカショウビンは昨年と同じ木で巣作りをしているようですが、遠くから声があがって来ますが、さすがこの時期は巣の近くでな鳴きません。また近くの小屋の軒下でオオルリの巣があり抱卵中、近くにはオオルリ♂の姿も。キビタキも水浴びする姿が見られ、頭上には時折サンショウクイも、下山後には余呉ウッディパルで渡りのハチクマの奇麗な帆翔も見られ、満足、満足。
「主な観察種」
キジバト、アオバト4、ホトトギス声、ツツドリ声、ミサゴ1、ハチクマ3、トビ、アカショウビン声、コゲラ声、オオアカゲラ声、アオゲラ声、サンショウクイ、サンコウチョウ声、カケス声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、エナガ×、メジロ声、クロツグミ声、コサメビタキ、キビタキ♂、オオルリ♂♀、スズメ、カワラヒワ、イスカ成鳥♂♀+幼、イカル、ホオジロ 33種類
201605kanzanji.jpg 201605kanzanji (2) 
    朱雀池にてイスカ           ケヤキ大木の門
201605kanzanji (3) 201605kanzanji (4)
  朱雀池の水場にて      木の枝にとまるオオルリ♂




2日連続の春の朽木 2016.5.4~5

 今年も2日連続で新緑の朽木を満喫してきました。1日目探鳥会の下見でコース+αを午後からまわる。天気はいいが風があり、時折強く吹く。午後からだったのと風の為鳥の姿声とも少ない。何年かぶりに901.7m蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)へ登るが、急斜面と階段で疲れました。ただし景色は抜群です。2日目探鳥会当日、この日も天気は快晴で風はあるが前日よりましでした。また鳥もキビタキ、オオルリ、コサメビタキ、サンショウクイなど一通り見られました。ただし少し少なめかなあ。

5月4日(祝水) 11:30~16:00 気温:20~25℃
ツツドリ声、トビ、コゲラ、アカゲラ1、アオゲラ声、サンショウクイ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ±5、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ声、エナガ、センダイムシクイ声、メジロ、ミソサザイ声、クロツグミ声、コサメビタキ1、キビタキ声、オオルリ声、スズメ、イカル、ホオジロ etc.
5月5日(祝木) 7:30~12:00 気温:16~22℃
キジバト、ジュウイチ声×、ツツドリ声、トビ、ノスリ×、コゲラ、アカゲラ1、アオゲラ声、サンショウクイ、カケス1、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ×、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、エナガ、センダイムシクイ声、メジロ、ミソサザイ声、カワガラス1、クロツグミ声、コサメビタキ1、キビタキ♂♀、オオルリ♂、スズメ、キセキレイ声×、カワラヒワ、イカル、ホオジロ etc.+ソウシチョウ(外来種)声
P1030661s-5.jpg
     朽木の山中の新緑
P1030666s-5.jpgP1030667s-5.jpg
 蛇谷ヶ峰山頂901.7m              北西から北 朽木の集落と山々
P1030664s-5.jpg
 東から北東 眼下には琵琶湖が広がる

20160505kutuki (2)20160505kutuki.jpgP1030669s-5.jpg
新緑の中の朽木探鳥会






春の希望が丘文化公園探鳥会 2016.4.29

 季節はずれの北西の風と寒さ、そんな春の希望が丘文化公園探鳥会でした。時折風が吹き木々を揺らす、そのためか夏鳥の姿や声が少なめでした。それでも木立の中にとまるキビタキ、頭上を飛ぶサンショウクイ、青葉らバックにはサシバと楽しめました。でも少し欲求不満が残る日でした。

天気:曇りのち晴れ 気温:13~20℃ 時間:9:10~14:20

「主な観察種」
ヨシガモ♂、ヒドリガモ♀、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、オオバン1、ツツドリ声、トビ、オオタカ1、サシバ1、カワセミ2、コゲラ、サンショウクイ±5、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ±30、イワツバメ1、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、エナガ、センダイムシクイ声、メジロ、ツグミ±10、キビタキ♂3+声、オオルリ声、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ×、カワラヒワ、ホオジロ コジュケイ声etc.

201604kibou (2)      201604kibou.jpg

春のみなくち子どもの森探鳥会 2016.4.10

 前日、土山町の青土(おおづち)ダムエコーバレーキャンプ場に泊り、探鳥会に参加しました。近くの野洲川では春の陽気の中イワツバメが飛び回り、みなくち子どもの森の園内ではあちこちでウグイスのホォーホケキョと軽やかな囀りが聞こえ、アオジのペアー、早くも飛来したヤブサメのシーシーシーシーとい囀り。偶然にも藪から出て来たヤブサメが見られ、ラッキー。他探鳥会では少し小鳥たちの姿は少なかったのが残念。また期待した渡りのサシバなど猛禽類はダメでした。

天気:曇り 気温:18~22℃ 時間:9:10~12:30

「主な出現鳥」

キジ♂1+声、キジバト、カワウ1、アオサギ5、ダイサギ2、イカルチドリ1、イソシギ1、トビ、コゲラ±5、モズ2、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ±20、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ1+声、エナガ、センダイムシクイ×、メジロ、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ♂♀、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル声、ホオジロ♂♀、アオジ♂♀ etc.+コジュケイ声
20160410minakuti (2)  20160410minakuti (3)  20160410minakuti.jpg
朝ドラのロケ地にもなった園内    園内の外の茶畑       河川敷き



早春の下物探鳥会 2016.3.20

天気:晴れ 気温:11~15℃ 時間:8:30~11:50

 早朝は寒の戻りの様な寒さ、でも湖岸からの風があるものの、比較的暖かったです。水鳥では赤の井湾や萩の浜に集まったオオバン、ホシハジロ、キンクロハジロの数がすごかった。北帰前に集まるのでしょうね。時折何かに驚いて?飛び立つ数の多さ、空を埋め尽くす感じ。小鳥では旅立ち前に餌を一生懸命食べるベニマシコにも会えました。田圃にはたくさんのツクシ、そしてタンポポ、春ですね。
「主な観察種」
キジ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ケリ、ユリカモメ、カモメ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン etc.
2016320orosimono (2)2016320orosimono (3)2016320orosimono (4)
東屋にて水鳥        茂みにベニマシコ      赤の井湾にて無数オオバン
2016320orosimono.jpg
後半は春日和



野洲川河口探鳥会 2016.3.12

天気:晴れ 気温:7~11℃ 時間:8:30~14:10

 この日は朝は寒かったが、次第に日差しが出てくると風も暖かい日でした。水鳥は少なくなっていましたが、河敷きからはウグイスの軽やかな囀りが聞こえ、小鳥の動きも活発になっていました。上空ではノスリの渡りやチュウヒ、ハイタカ、オオタカなど猛禽類もよく見られました。

「主な観察種」
キジ♀1声、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、 キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ケリ、イカルチドリ×、タシギ2、クサシギ2、イソシギ×、カモメ1、ミサゴ2、トビ、チュウヒ2、ハイタカ2、オオタカ幼1、ノスリ4、カワセミ×、モズ×、ミヤマガラス±10、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ×、ホオジロ、カシラダカ×、アオジ、オオジュリン etc.
2016yasu (2)2016yasu (4)2016yasu (3)
2016yasu.jpg




新旭探鳥会 2016.2.28

天気:晴れ時々曇り 気温:11~14℃ 時間:9:10~13:10

 春の様な2月最後の新旭探鳥会に参加しました。朝は湖面に靄が出て視界不良、でも次第に視界も良くなりましたが、湖面は寂しいです。水鳥の数は減り、センター近くにはカンムリカイツブリ、オオバン、キンクロハジロくらい、でも沖合にはまだまだ沢山の水鳥がいました。ハジロカイツブリの大群は圧巻でした。小鳥の動きは活発で、ウグイスの初鳴きも聞こえてました。畦道では田ごとにツグミがポツリポツリ、そろそろ旅立ちの準備のようです。

「主な観察種」
コハクチョウ、オカヨシガモ×、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ±800、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ4、トビ、ノスリ1、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ声、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アトリ±20、カワラヒワ、ベニマシコ声、シメ×、イカル×、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ×、アオジ 58種類+ドバト

※サンショウクイとベニマシコは声だけの確認です。

201602sinasahi.jpg201602sinasahi (2)201602sinasahi (3)
 アカショウビンくんも参加  湖岸の自転車道を歩く   山際の道を、アトリがいました
201602sinasahi (4)2016kohaku.jpg
   春の陽気です            探鳥後に安曇川付近にてコハクチョウ
 


初春湖北湖岸探鳥会 2016.1.4

天気:曇りのち晴れ 気温:7~15℃ 時間:10:00~14:30

 今年の滋賀の鳥見は湖北から。この日は朝から霧で視界不良、でも湖北に付く頃には何とか視界が広がって来ました。でも山本山は見えにくいです。そんな中でも多くの参加者、やはり人気スポットです。次第に視界も良くなり、センター前ではヒシクイ、マガン、コハクチョウなどが見られました。山本山も見易くなり、中腹の枯れ松にとまつオオワシもバッチリ。この日は風もなく暖かい、遠くまで見渡せハジロカイツブリの群れも。そして終了後にはセンター上空をオオワシは飛翔してくれました。

「主な観察種」
ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ♀、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ±50、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ハマシギ×、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ1、トビ、オオワシ1、ノスリ1、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ♂♀、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ×、カワラヒワ、ベニマシコ声×、ホオジロ、カシラダカ×、アオジ、オオジュリンetc.
2016kohoku (2)  2016kohoku (3) 2016kohoku.jpg

P1030386s-5555.jpg
探鳥会終了後
スポーツの森の近くで菜食中のコハクチョウ200±
姉川河口では、アトリ、ホオジロガモ、カワアイサ、ユリカモメ、セグロカモメ、ダイサギetc.


三川合流探鳥会に参加 2016.1.3

天気:晴れ 気温:10~15℃ 時間:9:00~12:30

 今年の鳥見初めは京都支部の三川合流に久々に参加しました。そして懐かしい顔にも遭遇。楽しい探鳥会でした。それにしても異常に暖かいお正月です。そのためか河川にも多くの冬鳥が残っています。

「主な観察種」
キジ(声)×、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ±10、カイツブリ、カンムリカイツブリ×、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ケリ×、イソシギ、ミサゴ2、トビ、ハイタカ、オオタカ×、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ(声)×、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ×、ヒヨドリ、ウグイス(地鳴き)、エナガ、メジロ声、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ×、ベニマシコ(声)×、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ×、アオジetc.
2016sansenn (2) 2016sansenn.jpg

京都御苑散策 2015.12.28 & 31

天気:晴れ 時間:12:30~14:30

 2015年の年末は、時間が空いた時間に近くの京都御苑に野鳥観察を兼ねて自転車散策しました。

「主な観察種」
マガモ、アオサギ、トビ、ハイタカ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ルリビタキ♂♀、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ミヤマホオジロ♂、アオジ、イカル±100、スズメetc.

2016年水鳥一斉調査の下見に 2015.12.22

気温:7~12℃ 天気:曇りのち晴れ 時間:7:00~11:20

 水鳥一斉調査の下見で松ノ木内湖へ行きました。まだ暗いうちに自宅を出発。折しもこの日は冬至、夜明け間もない松ノ木内に到着。沢山のコハクチョウがいましたが、すでに頭上を飛ぶ6羽のコハクチョウ。調査の時はもう少し早く到着をと思いました。内湖の奥にはオオハクチョウの家族がいました。コハクチョウとは少し離れた所で休むようだ。内湖の他は周辺の田んぼ、調査区間とは違う湖岸をまわりました。なかなか充実した鳥見になりました。

「主な観察種」松ノ木内湖、琵琶湖湖岸(今津浜~マキノ)
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カイツブリ、カワウ、オオハクチョウ9(成4幼)、コハクチョウ46、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、カワアイサ、ウミネコ、カモメ、ユリカモメ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、タゲリ12、ミサゴ1、トビ、コチョウゲンボウ♀、キジバト、コゲラ声、セグロセキレイ、ハクセキレイ、モズ、ツグミ、ウグイス(地鳴き)、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリetc.

※コハクチョウは日の出とともに家族単位で内湖を飛び立つ。40羽は一緒に行動し、田んぼで採食。3羽は新旭センター前に飛来。もう3羽はマキノの境川付近に飛来していた。

2015.12.22松ノ木内湖s-55IMGP3966s-55.jpgIMGP3973s-55.jpg

朝の松ノ木内湖   飛びたち田んぼにコハクチョウ  マキノ境川付近にコハクチョウ3羽

IMGP3989s-55.jpgIMGP3994s-55.jpgIMGP4001s-55.jpg

 田んぼに降りたタゲリ  電線にとまるコチョウゲンボウ♀  内湖に残るオオハクチョウ

今年最後の定例・下物探鳥会 2015.12.20

<天気:快晴 気温:5~15℃  時間:8:30~12:00

 朝はかなり冷えていました。での下物へ着く頃には日差しがあり無風、暖かくなってきました。お天気は快晴、対岸の比良山には雪が積もり綺麗です。湖面は波も無く水鳥は見易いですが、湖岸近くにはあまりいなく遠いです。それでも沢山の種類の水鳥が見られました。
「主な観察種」
キジ♂、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ♀1、ホオジロガモ♂1、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、タゲリ2、ケリ、カモメ、トビ、チュウヒ1、ノスリ1、コゲラ×、チョウゲンボウ1、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス(地鳴き)、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ1、ツグミ、ジョウビタキ♂♀、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン etc.
201512oroshimono (2) 201512oroshimonos-55.jpg

初冬の大浦湖岸探鳥会 2015.12.13

天気:曇り時折晴れ 気温:12~15℃ 時間:8:00~14:20

 曇り空ながら暖かい日曜日、探鳥会担当として大浦湖岸探鳥会に参加。例年に比べ水鳥が少ない。大浦川沿や湖岸沿いでは今年の声、姿も少ない。ないないずくしの探鳥会でした。ただ終わってみれば、数が少ないものの色んな種類の声、姿が見られました。

「主な観察種」
オシドリ♂2、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ウミアイサ×、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、オオハム1、カワウ、アオサギ、ダイサギ2、コサギ3、バン、オオバン、ユリカモメ、ズグロカモメ1、ウミネコ1、カモメ1、ミサゴ1、トビ、ハイタカ2、オオタカ1、ノスリ1、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ミソサザイ地鳴き×、ツグミ±10、ルリビタキ地鳴き、ジョウビタキ♂3、イソヒヨドリ♂1、スズメ、キセキレイ×、ハクセキレイ×、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ声、イカル声×、ホオジロ、カシラダカ、アオジ etc.
※探鳥会前にカワアイサ±40の群れが見られました。
201512ooura (2) 201512ooura.jpg
IMGP3959s-55.jpg 探鳥会前に見たカワアイサの群れ

伊庭内湖探鳥会 2015.11.29

天気:曇り時雨 気温:10~12℃ 時間:9:15~14:20

 久しぶりの伊庭内湖、そして探鳥会担当としての参加でした。少し時間があったので水車公園へ、ちょうどこの日は、気球の大会があったようで、多くの気球が西の湖から伊庭内湖へのあがっていました。この日はこの時期として珍しく無風状態で、気球の一つが送電線に引っ掛かり右往左していました。近くにいた人たちが気球からのロープを引っ張り無事救出。それを見た後探鳥会集合場所へ。探鳥会は遠方からの参加者も多く私を含めて19名。天気は雲空、時雨はあったもののまずまずの天気。伊庭内湖探鳥会のコースは長い、約9km。それでもこの時期見られる水鳥、小鳥、猛禽類などいろいろ見られました。そして予想より暖かく助かりました。

「主な観察種」
オカヨシガモ ヨシガモ ヒドリガモ マガモ カルガモ ハシビロガモ コガモ ホシハジロ キンクロハジロ カイツブリ カンムリカイツブリ キジバト カワウ アオサギ ダイサギ コサギ オオバン タゲリ ケリ イソシギ ミサゴ1 トビ チュウヒ オオタカ1 ノスリ1 カワセミ チョウゲンボウ♂1 モズ ハシボソガラス ハシブトガラス ヒバリ ヒヨドリ ウグイス地鳴き ムクドリ±200 ツグミ ジョウビタキ♂♀ スズメ キセキレイ ハクセキレイ セグロセキレイ タヒバリ声 カワラヒワ ベニマシコ声× ホオジロ カシラダカ声 アオジ オオジュリンetc.
2015iwanaiko (4)

2015iwanaiko (2) 2015iwanaiko (3) 2015iwanaiko.jpg



湖北湖岸探鳥会 2014.11.7

天気:曇り 気温:17~20℃ 時間:10:00~12:30

 秋の湖北湖岸探鳥会に行って来ました。飛来しているコホクチョウはお留守のようでしたが、他のカモが沢山飛来していました。ただエクプリスの個体が多く華やかさはありません。小鳥たちはニュウナイスズメ、オオジュリン、カシラダカ、アオジ、ベニマシコなどが見られました。また沢山のムクドリの中に1羽だけ黒っぽい個体が、ホシムクドリでした。少し遠かったので、模様までは見られませんでしたが、久しぶりです。私は明日以降の予定があったので、昼過ぎにセンターへ戻りました。

「主な観察種」
オカヨシガモ×、ヨシガモ×、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ×、オナガガモ、トモエガモ×、コガモ、ホシハイジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ♂♀、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ×、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ1、オオバン、ケリ2、イカルチドリ5、タシギ1、イソシギ×、ハマシギ×、ユリカモメ、ミサゴ1、トビ、ノスリ1、カワセミ1、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス地鳴き、ムクドリ、ホシムクドリ1、ツグミ1、ジョウビタキ、ニュウナイスズメ±5、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ×、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン ※センターへ戻るときにチュウヒを1羽見ました。

kohoku1107 (2)kohoku1107.jpg
   湖岸からの観察                紅葉が綺麗な山本山

新旭探鳥会に参加 2015.10.25

天気:晴れ、風時折強し 気温:14℃ 時間:8:30~12:50

 久しぶりに新旭水鳥センターへ、そして探鳥会に参加して来ました。ただ天気がいいものの、木枯らし1番が吹く肌寒日日になりました。でも多くのオオバン、ホシハジロなど水鳥や、ミヤマホオジロ、カシラダカ、シメなど冬の小鳥に出会えました。

「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ×、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ×、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ×、コサギ、オオバン、ユリカモメ×、ミサゴ1、トビ、ハイタカ1、ノスリ2、カワセミ×、コゲラ声、ハヤブサ×、モズ♂♀、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ声、シジュウカラ声、ヒバリ×、ヒヨドリ、エナガ、ヒヨドリ、メジロ、ジョウビタキ声、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ3、イカル3、ホオジロ、カシラダカ1+声、ミヤマホオジロ2、オオジュリン±5 etc.
201510shinasahi (2) 201510shinasahi.jpg

 

いつもの三重県・安濃川河口と雲出川河口 2015.10.12

天気:晴天 気温:25℃ 時間:9:30~13:00

 例年の三重県安濃川河口と雲出川河口へ行って来ました。残念ながらほぼ空振り。ミヤコドリを期待した安濃川河口は、いません。シギチドリ類もほぼゼロ。どうして?河口の中州には、ウミネコ、ユリカモメ、セグロカモメ、カワウしまいません。他はオナガガモ、ヒドリガモなどカモ類のみ。渡りの100前後のヒヨドリを見ました。伊勢湾を渡って来たのでしょうか?
 雲出河口では、何と沖合の中州にミヤコドリが見られ、ホッ!他はシロチドリ、トウネン、ハマシギ、メダイチドリ、ミュウビシギが見られ良かったです。
 なお、松阪市の堤防内の溜池ですが、残念ながらメガソーラー建設で埋めたられ、ほぼ消滅してしまいました。

「主な観察種」
(安濃川河口) カワウ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ
etc.(雲出川河口) カワウ、カルガモ、オナガガモ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、トウネン、ハマシギ、ミュウビシギ、オグロシギetc.
12109185_916057398473431_6778850508266593793_n.jpg 12107131_916057251806779_1917304972572618090_n.jpg  雲出川河口にて
12144714_918800644865773_2108287513747149590_n.jpg12108045_918800611532443_2074258267657225792_n.jpg
    松阪市溜池の数年前と現在(メガソーラー建設)


秋の希望が丘文化公園探鳥会 2015.10.11

天気:曇り 気温:20℃ 時間:8:00~14:10

秋の希望が丘文化公園探鳥会に参加。移動中のコシアカツバメの群れに混じってアマツバメ、ハリオアマツバメが見られました。小鳥類はちょっち低調気味。解散前にノビタキが1羽見られて良かった。期待したノスリの渡りは見られず残念。

「主な観察種」
カルガモ±10、コガモ±100、カイツブリ±5、キジバト、カワウ4、アオサギ1、ダイサギ1、バン1、ハリオアマツバメ、アマツバメ、ヒメアマツバメ、コチドリ、トビ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、コシアカツバメ±800、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ1、メジロ、ルリビタキ、ノビタキ♂1、エゾビタキ、コサメビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ、ハイタカsp
20151011 (2) 20151011 (3) 20151011.jpg

秋晴れの下で下物探鳥会 2015.9.22

天気:晴 気温:22~28℃ 時間:8:30~12:00

 9月の下物は久しぶりです。例年猪子山へ上がっていたので、さかなか参加出来ませんでした。鳥は、特に水鳥は少なめでしたが、この時期ならではのタカの渡りも青空バックに見られました。

「主な観察種」
キジ×、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ケリ、ハチクマ±3、トビ、サシバ±20、コゲラ声、モズ♂♀、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(地鳴き)、オオヨシキリ、ムクドリ、イソヒヨドリ♀1、スズメ、キセキレイ×、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 
※解散後、琵琶湖博物館周辺でコサメビタキが1羽いました。
201509oroshimono.jpg   P1030076s-55.jpg

本当に久しぶりの湖北湖岸探鳥会 2015.9.5

天気:晴れ 気温:26~28℃ 時間:10:20~12:30

 二日連続の休みをとり、この日は本当に久しぶりの湖北湖岸探鳥会に参加しました。予定より時間がかかり、少し遅れての参加でした。残念ながら期待した秋の渡りの鳥は多く出ませんでしたが、楽しかったです。

「主な観察種」

ヨシガモ×、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ×、バン、オオバン、ミサゴ±6、トビ、コゲラ声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ±5、シジュウカラ、ヒバリ声、ショウドウツバメ、ツバメ、セッカ声、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ etc.
20150905kohoku.jpg

プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。akasyoubin's BIRDERSに戻ります

HOME

無料カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
人気度

FC2Blog Ranking