FC2ブログ

akasyoubinの野鳥記録

日々の野鳥観察日記です。 2011.5.16開設(リニューアル)

秋の南郷平日探鳥会 2020.9.23

天気:晴れのち曇り 気温:28℃ 時間:8:50~12:30

 前日の目まぐるしく変わる天気予報。当日は薄日が差す晴れ、そして少し蒸し暑さも感じられる日でした。でも木陰では川面から吹く風が気持ちいい、やはり秋ですね。探鳥会では、少数ですがエクリプスのコガモ、ヒドリガモが見られたり、川面を飛ぶツバメ、コシアカツバメ、ショウドウツバメ、空高く旋回するノスリ、移動中のコサメビタキ、エゾビタキなど秋らしい光景が見られました。
「主な観察種」
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ1、イソシギ2、ミサゴ×、トビ、ノスリ1、カワセミ声、コゲラ声、モズ2、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ♀♂、エゾビタキ×、コサメビタキ1、スズメ、キセキレイ2、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ1etc.
20200923 (2) s-DSCN0232.jpg
s-DSCN0234.jpg s-DSCN0243.jpg
s-DSCN0255.jpg

  1. 2020/09/24(木) 21:19:06|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

再開した定例・下物探鳥会 2020.9.20

天気:晴れ 時間:8:35~12:00

 定例・下物探鳥会も今日から再開です。懐かしい常連さんも勢ぞろい。ただ皆さんマスク着用で、確かだれだれさんですねと尋ねることしばしば。しかし探鳥会が再開できる喜びひとしお。但し長く休んだため、野鳥の識別には苦労しました。慣れるしかありませんね。
「主な観察種」
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ×、カイツブリ、キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン×、オオバン1、イソシギ×、トビ、チュウヒ1、カワセミ×、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ×、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、セッカ声、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ×、ホオジロetc.
20200920 (2) 20200920 (6)
    湖岸からの観察の様子         農道にチュウサギとアマサギ(真ん中)

  1. 2020/09/24(木) 20:35:13|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

野洲川河口探鳥会 2020.9.12

天気:晴れのち曇り 気温:30℃ 時間:9:00~13:30

 4月からコロナ感染のため中止されていた日本野鳥の会滋賀の探鳥会が今月から再開されました。先週土曜日の湖北北湖岸探鳥会に続き第二段!まだまだ感染対策など手探りですが、野洲川河口探鳥会を行いました。今月に入り幾分涼しくなりましたが、まだまだ残暑厳しい日になりました。河川敷を歩くコースで日陰がなく、重ねてマスク着用でむれむれ。熱中症予防のため水分補給も欠かせません。でも久しぶりの探鳥会、楽しかったです。水鳥はまだまだ少なく鳥の種類は少なめでした。
「主な観察種」
カルガモ、コガモ9、カイツブリ、カンムリカイツブリ成鳥+幼鳥、キジバト、カワウ、アマサギ2、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ケリ、ムナグロ×、アオアシシギ2、イソシギ×、ユリカモメ±150、ミサゴ2、トビ、カワセミ×、モズ2、ハシボソガラス±300、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ×、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、セッカ声、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロetc.
20200912yasu (1) 20200912yasu (2)
          野洲川左岸                     アオアシシギ
  1. 2020/09/13(日) 14:03:03|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

目まぐるしい天気、新旭探鳥会 2020.2.23

天気:曇り時雨、一時みぞれ 気温:6~10℃ 時間:9:10~12:30

 集合前、激しいみぞれが降る。開始時間には、次第に天気が回復する。センター前はずいぶん寂しくなってきた。それでも湖岸では、カワアイサ、ウミアイサ、ホオジロガモ、ハジロカイツブリなどがポツリポツリと見られました。キンクロハジロ、ヒドリガモなども少なくなっていました。湖岸沿いの大木に小鳥の群れはとまる。よ~く見るとヒレンジャクでした。湖岸から山沿いへ移動、時折時雨やみぞれ交じりに見まわれました。それでもマヒワやカシラダカの群れが見られました。予定より早めにコースを回り終了。
「主な観察種」
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ♂♀、ミコアイサ♀、カワアイサ♂♀、ウミアイサ♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ×、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、オオセグロカモメ×、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ♀、ハヤブサ、モズ、カケス声×、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ヒレンジャク±15、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ±30、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ±15、アオジ声etc.
20200223 (2)
  1. 2020/02/23(日) 23:28:25|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

のんびり鳥探し、帰帆島平日探鳥会 2020.2.12

天気:晴れのち曇り 気温:12℃ 時間:9:00~14:00

 この日は平日、探鳥会の担当者として参加しました。この日も昨日にまして暖かい日でした。湖岸へ出ると大きな大木に白っぽい猛禽類、ノスリかな?近くで見ると胸の横班が見え、顔にもくっきり眉班、オオタカ成長でした。帰帆北橋を渡り帰帆島へ、沖合には少しですがオオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモが浮かんでいました。水路側へ行と、カルガモ、マガモが多かったです。帰帆島の公園では、珍しく陽だまりで採食中のトラツグミが1羽。再び水路沿いに歩くと、遠くのマガモ群れの中に1羽のトモエガモ、またミコアイサの雄も見られました。最後にはイオンモールの駐車場でイソヒヨドリ♂に出会いました。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、トモエガモ♂、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ♂♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、トビ、オオタカ、カワセミ♀、コゲラ、チョウゲンボウ×、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス地鳴き、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、トラツグミ1、ジョウビタキ♂♀、イソヒヨドリ♂、スズメ、キセキレイ×、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ声、イカル声、ホオジロ、オオジュリンetc.
20200212 (5)


  1. 2020/02/12(水) 22:15:17|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。

akasyoubin's BIRDERS

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

カテゴリ

滋賀・探鳥会 (206)
個人野鳥観察 (82)
調査 (22)
京都・探鳥会 (21)
交流会 (1)
野鳥探鳥地 (13)
未分類 (0)

最新記事

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

QRコード

QR

人気度

FC2Blog Ranking