FC2ブログ

秋の希望が丘文化公園探鳥会 2018.10.7

天気:曇り時々晴れ 22~26℃ 時間:9:10~14:30

 未明に日本海くを台風が通過し、少し晴れ間が見えてきた。秋晴れとはいきませんでしたが、風も少しあり心地よい探鳥会日和でした。山上ダムに飛来したコガモらを観察中、上空をノスリが飛ぶ、秋の渡りのようだ。この日は何度かノスリが見られました。ただ台風で小鳥類の渡りが止まっているのか、山中での小鳥類が少なかった。ただこの時期によくみられるノビタキが見られ、顔が黒く夏羽が残っている個体でした。
「主な観察種」
カルガモ±20、コガモ±50、カイツブリ、キジバト、カワウ、トビ、ノスリ±25、コゲラ、モズ声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ノビタキ2、キビタキ幼、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロetc.
20181007 (2)


             上空をノスリが飛ぶ、山上ダムにて

台風が接近中の中、湖北湖岸探鳥会 2018.10.6

天気:曇りのち雨 時間:10:00~11:30

 前日、近くのキャンプ場で過ごし、探鳥会にサブ担当として湖北湖岸探鳥会に参加しました。いつものように湖北野鳥センター内で観察、外は少しづつ湖岸へ吹き付ける風が強くなる。そして雨も降りだし、この日は館内からの観察のみになりました。センター前にはすでにヒドリガモ、ホシハジロ、コガモが飛来していました。それらに群れに中にアメリカヒドリなども混じっていました。今回は館内からのみに観察でしたが、目の前横切ったものや探し出せなかったものも含め37種類も見られました。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ×、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ×、オナガガモ×、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ×、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン×、クロハラアジサシ、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、ノビタキ(田んぼ)、イソヒヨドリ声、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワetc.

20181006 (2)

秋の南郷平日探鳥会に初参加 2018.9.26

天気:曇り 8:45~12:30

 普段平日なので参加出来なかった南郷、昼から所用があったので、店を休んで参加してきました。休日とは違う静かな南郷、天気も曇り空で暑くもなく、のんびり散策しながら探鳥会コースを歩きました。水鳥はカルガモ、サギ類、イソシギ以外いませんでしたが、遥か西の山並みに秋の渡りのハチクマが見られました。後半では上空を次々と飛んでいくサシバの姿も見られました。そして最後の最後に田んぼの杭にとまるノビタキ4羽、秋の季節を感じる探鳥会でした。
「主な観察種」
カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ケリ、イソシギ2、ハチクマ、トビ、サシバ、ノスリ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ノビタキ4、イソヒヨドリ♂♀、エゾビタキ1、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ムシクイsp etc.
20180925 (2) 南郷洗堰にて
20180925 (9)田んぼでノビタキ


猪子山タカの渡り観察会へ・・・ 2018.9.24

天気:晴れ時々曇り 時間:8:00~14:00

 秋の連休最終日、「猪子山タカの渡り観察会」に行きました。今年も山中中腹に車をとめ、駅まで一度下山。JR「能登川」駅改札口前に集合し、再び猪子山へ。アスファルトの急坂がきつい、そして長い階段を上がり、山頂(北向き十一面観音堂)に到着。前日には多くもタカ(主にサシバ)が天高く川のように流れたようで、今日も少しでも見られたらいいなあと期待。
 待つこと半時間、ぼちぼち今日はハチクマを中心に通過していく。上昇気流がないのか羽ばたきながら低く、サシバは上がれず苦労しているようだ。でも次第に風も出だし、主に琵琶湖側でタカ柱が出来、サシバ、ハチクマが頭上を通過したりして楽しませてくれました。午後からはだんだん数も減りましたが、低く飛ぶものが多くなりました。
「主な観察種」
キジバト、ミサゴ、ハチクマ、トビ、オオタカ、タカsp、ツミ、サシバ、ノスリ、コゲラ、ハヤブサ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロetc.
20180924 (4)

お盆過ぎの下物探鳥会 2018.8.19

天気:晴れ 気温:28~30℃ 時間:8:35~11:45

 ここ数日の朝晩の涼しさ、でも日中は30℃超え。この日は湖岸からの風もあり、日差しがあるものの比較的しのぎ易い日でした。ただ、この時期湖面に浮かぶ水鳥は少なく、わずかにカルガモ、カイツブリ、そして浅瀬の水草の上にダイサギ、アオサギなどが見られました。頭上を飛ぶいくつかのトビの中に、何故が北西の方向に飛ぶサシバも見られました。また湖岸沿いに柳の木には、コムクドリやコサメビタキと秋の気配が感じられた探鳥会でした。
「主な観察種」
マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ケリ、コチドリ、トビ、サシバ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エゾムシクイ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、コムクドリ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロetc.

20180819oroshi.jpg

プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。akasyoubin's BIRDERSに戻ります

HOME

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
人気度

FC2Blog Ranking