初夏の朽木探鳥会 2017.5.5

天気:曇りのち晴れ 気温:15~25℃ 時間:7:30~12:00

 毎年の朽木での早朝探鳥会、今年も多くの参加がありました。歩き始めて早々蛇谷のつり橋付近で、キビタキ、オオルリの姿や囀りを堪能出来ました。つり橋を渡り旧いきものの里へ、木のてっぺんでホオジロが囀り、サンショウクイが飛びながらヒリリヒリリ。少し林の中を歩くと道の小枝に声もなくコルリがとまる、移動の途中なんでしょうか。数人のかた木漏れ日の中にとまるジュウイチの姿を、見られず残念!蛇谷ヶ峰の登山道へ向かうと谷からミソサザイの声、新緑の木々の中からセンダイムシクイの声、山の稜線の方からはツツドリのポッポッポッと。オオルリ、キビタキ、アオゲラなどのつがいも見られました。早起きは三文の徳、予想以上に多くの鳥を参加の皆さんと探す事が出来ました。
「主な観察種」
コガモ2、キジバト、アオバト、ジュウイチ×、ツツドリ声、トビ、サシバ2×、カワセミ1、コゲラ声、アカゲラ声、アオゲラ♂声、サンショウクイ±10、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ声、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、エナガ、メボソムシクイ声、エゾムシクイ声×、センダイムシクイ声2、メジロ、キバシリ2、ミソサザイ声、トラツグミ声、クロツグミ×、コルリ♂1、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、カワラヒワ、イカル声、ホオジロ、アオジ× etc.
20170505 (2)  20170505 (3)

春の希望が丘文化公園探鳥会 2017.4.29

天気:曇りのち雷雨 時間:9:10~14:00 気温:20~25℃

 久しぶりの探鳥会です、すっかり春らしくなった園内、ヤマザクラ、ツツジが奇麗に咲いています。ただこの時期として鳥の声が少なかったです。夏鳥の飛来が遅い感じがします。それでも何回か、キビタキが見られました。終了間際には不安定な気圧変化で、瞬く間に黒い曇りに覆われ、強い風が吹き出し、稲光。少し濡れましたが何とか解散場所のスポーツ会館へ。
「主な観察種」
カルガモ、コガモ、カイツブリ2、キジバト、カワウ、ダイサギ1、オオバン2、トビ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ×、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス声、ヤブサメ声、エナガ、メジロ、ツグミ、キビタキ♂♀声、オオルリ♂、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ×、イカル声、ホオジロ♂♀ etc.+コジュケイ声
20170429 (2)   20170429.jpg

初春の野洲川河口探鳥会 2017.3.11

天気:晴れ 時間:8:30~14:10 気温:8~12℃

 久しぶりの探鳥会参加です。ウグイスの囀りの便りも聞かれる頃ですが、この日の朝は寒いです。そんな中、少数の参加者でしたが、顔見知りが多いアットホームな探鳥会になりました。歩き始めて早々、野洲川にかかる橋の上から中州の茂みの中にベニマシコ、ホオジロ、水たまりにはコガモの姿が見られました。また遠くの川岸に猛禽類?少し遠回りして確認すると、対岸の木立に飛来。ハヤブサの幼鳥でした。そこにもう1羽、これもハヤブサの幼鳥。皆さんとじっくり観察出来ました。この日は水位が高くシギチドリ類は見られず、河口付近は波があり、河川にオオバン、コガモ、キンクロハジロ、オカヨシガモが見られ、他にはヒドリガモ、ミコアサイ、カワアイサなど。小鳥類は風があったせいか、姿を見ることは少なかった。ウグイスの囀りは聞かれましたが、ツバメはまだでした。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ♀、カワアイサ♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ケリ、ミサゴ2、トビ、チュウヒ2、ハヤブサ幼2、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ♂、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ♂♀、ホオジロ♂♀、オオジュリン etc.
20170311yasu.jpg

今年最初の探鳥会は希望が丘文化公園探鳥会から  2017.1.29

天気:晴れのち曇り 気温:5~10℃ 時間:8:00~14:00

 今年ももう1ヶ月が過ぎようとしています。水鳥一斉調査で始まった野鳥観察、そして今年最初の探鳥会は希望が丘文化公園探鳥会です。朝は日差しがある晴れ、午後から曇り空の天気予報の中、探鳥会を行いました。山上ダムでは200羽以上のコガモの他、ヨシガモ、カルガモ、そして珍しく雌のミコアイサが見られました。園内を流れる家棟川沿いに歩き始めると、遠くの芝生の上にたくさんのツグミ、山際にはシロハラ、陽だまりにはシメ、木の上にはアトリやカワラヒワと朝から賑やかです。山間に入ると先週の雪が残って、少し歩きずらいです。人影のないグランド隅にはトラツグミが1羽、朝陽と残る雪に反射して奇麗です。エナガ、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、コガラ、そしてジョウビタキも所々で見られます。午後からは鳥影が少なくなり、声もなく静か・・・、期待したルリビタキも見られず。猛禽類もタカsp以外見られませんでした。

「主な観察種」
ヨシガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、コガモ、ミコアイサ♀2、カイツブリ、キジバト、カワウ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、タカsp etc.
20170129kibou (2)      20170129kibou.jpg
  山上ダムにて水鳥を         山間の道、途中の溜池の表面が凍っていました

大浦湖岸探鳥会 2016.12.11

天気:曇り時折晴れ間 気温:4~10℃ 時間:9:00~14:00

 お天気の崩れが心配されましたが、探鳥会終了までお天気は崩れませんでした。比較的風もなく穏やかな日曜でした。大浦川沿いの茂みはホオジロ類(アオジ、ホオジロ、カシラダカ)、田んぼにはダイサギ、アオサギ、山際の木にはノスリ、遠くの電線にはカワラヒワの大群、山の上を旋回するハイタカとまずまず。大浦湾にはたくさんの水鳥、オオバンが目立ちましたが、カワアイサ、カンムリカイツブリも多かったです。他はヒドリガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ハジロカイツブリの少しですが単独で・・・。
午後からは老人施設の南天の実を食べる1羽のアオバト。この時期としてはまずまずの探鳥会でした。解散後コースから少し離れた所にコハクチョウの家族がいました。

「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ×、トビ、ハイタカ、ノスリ、カワセミ(声)、コゲラ(声)、モズ、カケス(声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(地鳴き)、エナガ、メジロ(声)、シロハラ(地鳴き)、ツグミ、ジョウビタキ♂♀、イソヒヨドリ♀、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ(±60)、ホオジロ、カシラダカ、アオジ etc.
※ コハクチョウ4
P1040124s-5.jpgP1040126s-5.jpgP1040128s-5.jpg

P1040131s-5.jpg

帰り道に出合ったコハクチョウ






プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。akasyoubin's BIRDERSに戻ります

HOME

無料カウンター

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
人気度

FC2Blog Ranking