スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの大峯山系を歩く、山上ヶ岳よ洞川村落 2016.7.11~12

天気:曇りのち晴れ 時間:3:00~10:30(11日) 5:00~9:00(12日)

 毎年恒例の大峯山寺参拝、未明から登りだす。午前3時半ヨタカの声が聞え出す。午前4時半過ぎから明るくなり始め、木立の上でオオルリが鳴き始める。6時過ぎには尾根道、下の方からトラツグミの声が・・・、またあちこちからルリビタキやミソサザイの囀りが聞こえてきます。ルリビタキは梢にとまり、成鳥から若まで一生懸命囀ります。今年初めてですが、谷筋からアカショウビンの声が何度も聞こえてきました。何故か今年はトケン類の声が聞かれなかった。

「主な観察種」
トビ、キジバト、ヨタカ声、アカショウビン声、アオゲラ声、コゲラ、イワツバメ、モズ成鳥+幼鳥、ミソサザイ声、ルリビタキ成鳥+若、トラツグミ声、ウグイス声、メボソムシクイ、オオルリ♂+声、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、ゴジュウカラ、メジロ、アオジ、スズメetc,
13606992_1071159519629884_1526178757339931081_n.jpg
大峯の夜明けと雲海 三重県との県境の山々、大台ケ原

13626383_1071163392962830_3048573554909663760_n.jpg   13626987_1071163719629464_8210467838615186426_n.jpg


スポンサーサイト

京都御苑散策 2015.12.28 & 31

天気:晴れ 時間:12:30~14:30

 2015年の年末は、時間が空いた時間に近くの京都御苑に野鳥観察を兼ねて自転車散策しました。

「主な観察種」
マガモ、アオサギ、トビ、ハイタカ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ルリビタキ♂♀、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ミヤマホオジロ♂、アオジ、イカル±100、スズメetc.

2016年水鳥一斉調査の下見に 2015.12.22

気温:7~12℃ 天気:曇りのち晴れ 時間:7:00~11:20

 水鳥一斉調査の下見で松ノ木内湖へ行きました。まだ暗いうちに自宅を出発。折しもこの日は冬至、夜明け間もない松ノ木内に到着。沢山のコハクチョウがいましたが、すでに頭上を飛ぶ6羽のコハクチョウ。調査の時はもう少し早く到着をと思いました。内湖の奥にはオオハクチョウの家族がいました。コハクチョウとは少し離れた所で休むようだ。内湖の他は周辺の田んぼ、調査区間とは違う湖岸をまわりました。なかなか充実した鳥見になりました。

「主な観察種」松ノ木内湖、琵琶湖湖岸(今津浜~マキノ)
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カイツブリ、カワウ、オオハクチョウ9(成4幼)、コハクチョウ46、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、カワアイサ、ウミネコ、カモメ、ユリカモメ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、タゲリ12、ミサゴ1、トビ、コチョウゲンボウ♀、キジバト、コゲラ声、セグロセキレイ、ハクセキレイ、モズ、ツグミ、ウグイス(地鳴き)、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリetc.

※コハクチョウは日の出とともに家族単位で内湖を飛び立つ。40羽は一緒に行動し、田んぼで採食。3羽は新旭センター前に飛来。もう3羽はマキノの境川付近に飛来していた。

2015.12.22松ノ木内湖s-55IMGP3966s-55.jpgIMGP3973s-55.jpg

朝の松ノ木内湖   飛びたち田んぼにコハクチョウ  マキノ境川付近にコハクチョウ3羽

IMGP3989s-55.jpgIMGP3994s-55.jpgIMGP4001s-55.jpg

 田んぼに降りたタゲリ  電線にとまるコチョウゲンボウ♀  内湖に残るオオハクチョウ

いつもの三重県・安濃川河口と雲出川河口 2015.10.12

天気:晴天 気温:25℃ 時間:9:30~13:00

 例年の三重県安濃川河口と雲出川河口へ行って来ました。残念ながらほぼ空振り。ミヤコドリを期待した安濃川河口は、いません。シギチドリ類もほぼゼロ。どうして?河口の中州には、ウミネコ、ユリカモメ、セグロカモメ、カワウしまいません。他はオナガガモ、ヒドリガモなどカモ類のみ。渡りの100前後のヒヨドリを見ました。伊勢湾を渡って来たのでしょうか?
 雲出河口では、何と沖合の中州にミヤコドリが見られ、ホッ!他はシロチドリ、トウネン、ハマシギ、メダイチドリ、ミュウビシギが見られ良かったです。
 なお、松阪市の堤防内の溜池ですが、残念ながらメガソーラー建設で埋めたられ、ほぼ消滅してしまいました。

「主な観察種」
(安濃川河口) カワウ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ
etc.(雲出川河口) カワウ、カルガモ、オナガガモ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、トウネン、ハマシギ、ミュウビシギ、オグロシギetc.
12109185_916057398473431_6778850508266593793_n.jpg 12107131_916057251806779_1917304972572618090_n.jpg  雲出川河口にて
12144714_918800644865773_2108287513747149590_n.jpg12108045_918800611532443_2074258267657225792_n.jpg
    松阪市溜池の数年前と現在(メガソーラー建設)


夏の大峰山を歩く・・・ 2015.7.20

天気:曇りのち晴れ 気温:15~25℃ 時間:3:00~11:30

 今年も大峰山にあがってきました。例年通りの夜間から早朝にかけて登りました。台風通過後だったので川の水量も多く、山中の水場の水量も多かったです。登山開始時には綺麗な夜空が広がり、砂を散りばめたような星空が綺麗でした。山中ではわずかに光が輝くヒメホタルも見られました。期待したトラツグミやヨタカの声は聞かれず、トケンの声もわずかにホトトギスが遠くから聞こえた程度。夏鳥のピークは終わっているようでした。でも木の上で囀るルリビタキが何羽見られたり、ゴジュウカラも度々出会えました。

「主な観察種」
キジバト、ホトトギス声、アオゲラ、オオアカゲラ♀、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、ミソサザイ声、ルリビタキ、クロツグミ、ウグイス声、オオルリ声、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、メジロ、イカル、カケス etc. 外来種:ソウシチョウ
P1020920s-55.jpg P1020927s-55.jpg P1020933s-55.jpg
     
日の出     木の上で囀るルリビタキ    西の覗きからの眺望
P1020938s-55.jpg P1020952s-55.jpg

山頂のお花畑にて      北西(大阪市内)から南西(奈良、京都、滋賀)の眺望
プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。akasyoubin's BIRDERSに戻ります

HOME

無料カウンター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
人気度

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。