FC2ブログ

akasyoubinの野鳥記録

日々の野鳥観察日記です。 2011.5.16開設(リニューアル)

秋の南郷平日探鳥会 2020.9.23

天気:晴れのち曇り 気温:28℃ 時間:8:50~12:30

 前日の目まぐるしく変わる天気予報。当日は薄日が差す晴れ、そして少し蒸し暑さも感じられる日でした。でも木陰では川面から吹く風が気持ちいい、やはり秋ですね。探鳥会では、少数ですがエクリプスのコガモ、ヒドリガモが見られたり、川面を飛ぶツバメ、コシアカツバメ、ショウドウツバメ、空高く旋回するノスリ、移動中のコサメビタキ、エゾビタキなど秋らしい光景が見られました。
「主な観察種」
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ1、イソシギ2、ミサゴ×、トビ、ノスリ1、カワセミ声、コゲラ声、モズ2、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ♀♂、エゾビタキ×、コサメビタキ1、スズメ、キセキレイ2、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ1etc.
20200923 (2) s-DSCN0232.jpg
s-DSCN0234.jpg s-DSCN0243.jpg
s-DSCN0255.jpg

  1. 2020/09/24(木) 21:19:06|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

秋晴れの下で猪子山タカの渡り 2020.9.21~22

21日(祝月)9:00~15:00 晴れ
22日(祝火)9:00~15:00 晴れのち曇り

 今年も祝日を利用して東近江市猪子山でタカの渡りを見てきました。もちろんここでもコロナ感染予防でマスク着用と暑くるいい。両日とも高く遠いものが多く、サシバの数も例年に比べかなり少ないようです。今年の夏の長雨、高温の影響か?また上空の気流が変わったのか?それでも2日目は、群れでの飛翔が見られ、タカ柱も見られました。
「主な出現鳥」
サシバハチクマノスリ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ツミ、ヒヨドリ、メジロ、エナガ、コサメビタキ、ツバメ、ショウドウツバメetc.
DSCN0186.jpg DSCN0190.jpg
DSCN0214.jpg
  1. 2020/09/24(木) 20:56:51|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

再開した定例・下物探鳥会 2020.9.20

天気:晴れ 時間:8:35~12:00

 定例・下物探鳥会も今日から再開です。懐かしい常連さんも勢ぞろい。ただ皆さんマスク着用で、確かだれだれさんですねと尋ねることしばしば。しかし探鳥会が再開できる喜びひとしお。但し長く休んだため、野鳥の識別には苦労しました。慣れるしかありませんね。
「主な観察種」
ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ×、カイツブリ、キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン×、オオバン1、イソシギ×、トビ、チュウヒ1、カワセミ×、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ×、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、セッカ声、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ×、ホオジロetc.
20200920 (2) 20200920 (6)
    湖岸からの観察の様子         農道にチュウサギとアマサギ(真ん中)

  1. 2020/09/24(木) 20:35:13|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

野洲川河口探鳥会 2020.9.12

天気:晴れのち曇り 気温:30℃ 時間:9:00~13:30

 4月からコロナ感染のため中止されていた日本野鳥の会滋賀の探鳥会が今月から再開されました。先週土曜日の湖北北湖岸探鳥会に続き第二段!まだまだ感染対策など手探りですが、野洲川河口探鳥会を行いました。今月に入り幾分涼しくなりましたが、まだまだ残暑厳しい日になりました。河川敷を歩くコースで日陰がなく、重ねてマスク着用でむれむれ。熱中症予防のため水分補給も欠かせません。でも久しぶりの探鳥会、楽しかったです。水鳥はまだまだ少なく鳥の種類は少なめでした。
「主な観察種」
カルガモ、コガモ9、カイツブリ、カンムリカイツブリ成鳥+幼鳥、キジバト、カワウ、アマサギ2、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ケリ、ムナグロ×、アオアシシギ2、イソシギ×、ユリカモメ±150、ミサゴ2、トビ、カワセミ×、モズ2、ハシボソガラス±300、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ×、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、セッカ声、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロetc.
20200912yasu (1) 20200912yasu (2)
          野洲川左岸                     アオアシシギ
  1. 2020/09/13(日) 14:03:03|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

夏休暇を利用して兵庫県北部へ遠征 2020.8.27~29

 8月27日(木)~29日(土)にソロキャンプで訪れた兵庫県養父市(キャンプ場)、朝来市(竹田城跡)、豊岡市(コウノトリの郷公園)で見聞きした野鳥記録です。

8月27日(木) 14:00~16:00 気温:28~25℃ 晴れ時々曇り
キャンプ場サイト(林間及び草原)標高900m ヤマガラ、 ヒガラ、ゴジュウカラ、カケス、コゲラ、アカゲラ、ホオジロ、キジバト、ヒヨドリetc.
wakasugi (1)  wakasugi (2)
            スキー場                      林間サイト
8月28日(金) 9:30~12:00 気温:33℃ 晴れ時々曇り
竹田城跡周辺 標高353m ツバメ、サンショウクイ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラetc
takeda (1)  takeda (2)
           竹田城跡への林道                 竹田城跡
8月29日(土) 7:00~9:00 気温:25℃ 晴れ
キャンプ場サイト(林間及び草原)標高900m  ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、カケス、アカゲラ、キセキレイ、キジバト、ヒヨドリetc.
       11:00~12:30 気温:34℃ 晴れ
コウノトリの郷公園  コウノトリ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ツバメ、トビetc.
s-kounotori (1)  s-kounotori (2)
      公開ケージ内のコウノトリ                 祥雲寺巣塔
s-kounotori (3)  s-kounotori (4)
      周辺の繁殖分布図                    野外活動ゾーン(湿地、ビオトープ)
s-kounotori (5)  s-kounotori (6)
       湿地にいた個体(放鳥された個体)
s-kounotori (7)  s-kounotori (8)
       盛んに羽を動かしてました
s-kounotori (9)
      何羽かが飛来してきました
  1. 2020/08/31(月) 12:59:21|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

夏の大峯山系山上ヶ岳 2020.7.21

天気:曇り時々晴れ 気温:16~20℃ 時間:5:50~16:00

 今年も大峯山寺への参拝、山上ヶ岳へ上がってきました。コロナ感染の影響で団体の参拝客がいなく、個人の方ばかり、少なかったです。お山の中は静か、聞こえてくるのは鳥の声、風で揺れる木の葉の音、水の流れる音。鳥たちは繁殖期が終わっているので姿は少ないです。でも人影が少ないでので、すぐ近くに現れる鳥たちもいました。
「主な観察種」姿や声から +αキャンプ場で見られたものも含めます
キジバト、アオバト声、ホトトギス声、アオゲラ声、オオアカゲラ♂、コゲラ、イワツバメ、ツバメ、キセキレイ♂、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、ルリビタキ声、クロツグミ声、ウグイス声、ヤブサメ声、メボソムシクイ声、キビタキ声、オオルリ声、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラキバシリ、メジロ、ホオジロ、アオジ声、イカル、ムクドリ、カケス、ハシブトガラスetc.
oomine (3)oomine (4)oomine (5)oomine (6)

oomine (1)
      虫をくわえたキセキレイ♂

oomine (2)oomine (7)
       アズマヒキガエル                 アキアカネ♀
oomine (8) 
白い苔が群衆 綺麗です



  1. 2020/07/22(水) 20:11:40|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

新型コロナ感染で中止になった希望が丘文化公園へ 2020.7.12

天気:曇り一時晴れ 気温:25℃ 時間:9:40~13:30

 いつもの探鳥会コース(夏コース)を回る。朝の内は曇り空で少し霧雨、午後からは青空が見える天気になる。山上ダムかなり水位が上がっていた。いくつかのカイツブリがいて、大きくなった幼鳥の姿が見られました。キビタキ♀、エナガ幼鳥、オオルリ♀、メジロなど小鳥の姿は少なめでしたが、盛んに囀るキビタキや木の上から聞えてくるクロツグミの声、遠くからホトトギスの声も聞こえました。川沿い藪からはシシシシ~シシシシ~とヤブサメの声が何度が聞こえました。また一声でしたがボォーツとミゾゴイの声も聞こえました。
「主な観察種」
カイツブリ±6、カルガモ1、ミゾゴイ声、ダイサギ、アオサギ、トビ、キジバト、アオバト声、ホトトギス声、コゲラ、ツバメ、キセキレイ♂♀、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、クロツグミ声、ウグイス声、ヤブサメ声、キビタキ声♀、オオルリ♀、シジュウカラ声、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ホオジロ♂♀、アオジ♂、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス声etc
s-DSCN0028.jpg
s-DSCN0007.jpgs-DSCN0008.jpg
s-DSCN0015.jpgs-DSCN0030.jpg
  1. 2020/07/12(日) 21:23:14|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

初夏の菅山寺を歩く 2020.6.6~7

2020.6.6 時間:10:30~13:00 気温:20℃  天気:晴れ
 コロナウイルス感染の非常事態宣言が解除され、初めて遠出の野鳥観察、ソロキャンプを兼ねて長浜市菅山寺に行ってきました。一日目はテントを設営後、昼頃に上がりました。上がる前のキャンプ場ではアカショウビンの声が何度か聞こえました。ただ山中ではダメ。
「主な観察種」
トビ、キジバト、アオバト声、アカショウビン声、アオゲラ声、オオアカゲラ声、コゲラ、ツバメ、サンショウクイ、ヒヨドリ、クロツグミ♂♀、ウグイス声、キビタキ声、ヒガラ声、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、イカル声etc.
s-P1050971.jpgs-P1050972.jpg
            朱雀池                       アマガエルの卵
s-P1050973.jpgs-P1050975.jpg
           ミヤマカワトンボ 
2020.6.7 時間:4:00~8:00 気温:18℃ 天気:晴れ
二日目は、朝食前の早朝に上がりました。夜間はヨタカ、フクロウの声が聞こえた。夜明けとともにアカショウビン、ホオジロ、メジロの囀りが聞こえてきました。山中の駐車スペースでは下からアカショウビンの声が聞こえ、山間からホトトギス、ツツドリの声が聞こえてきました。ただ山中に入ると昨日と同じく、アカショウビンの声は聞こえてきません。今年はいつもの場所周辺では見られないかも知れません。
「主な観察種」
トビ、フクロウ声、キジバト、アオバト声、ツツドリ声、ホトトギス声、ヨタカ声、アカショウビン声、アオゲラ声、オオアカゲラ声、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、サンショウクイサンコウチョウ声、ヒヨドリ、クロツグミ♂、ウグイス声、センダイムシクイ声、キビタキ♀声、コガラ、ヒガラ声、シジュウカラ、ヤマガラ声、キバシリ声、メジロ、ホオジロ、アオジ、イカル声、スズメ、カケス、ハシブトガラスetc.
s-P1050985.jpgs-P1050986.jpg
     ケヤキの大木の山門              石垣のユキノシタ

  1. 2020/06/07(日) 20:00:39|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

甲賀市青土エコーバレイキャンプ場 2020.4.6

天気:晴れ時々曇り 気温:8~12℃ 時間:5:00~10:00

 4月4日~6日にかけてソロキャンプをしました。その時の6日サイト周辺で見聞した野鳥です。夜明け前になると周辺の森からトラツグミの怪しきな声が聞こえてきました。朝陽が昇ると、一斉にメジロ、シジュウカラ、イカルなどの声が聞こえてきました。遠くの高いの木々の周辺では、マヒワ、イカルの小さな群れが見られました。近くの桜並木には、盛んに蜜をすうメジロの姿が見られました。
なお、4日~5日は風が強く、声すら聞こえませんでした。
「主な観察種」
アオサギ(上空)、トビ、キジバト、アオゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、トラツグミ声、ツグミ声、ウグイス囀り、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、マヒワ、イカル、スズメ、ハシブトガラスetc.
20200404 (3)

余談話:6日未明テントの外から奇妙な声が聞こえました。何と鹿でした。
  1. 2020/04/06(月) 11:58:30|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

春のみなくち子ども森園内+野洲川河川敷を歩く 2020.4.5

天気:晴れ 気温:15℃ 時間:11:30~14:00

 コロナウイルス感染のため中止になった探鳥会コースを歩きました。ただ前夜からの風があり、小鳥類の出現は少なかったです。園内のオオヤマザクラなどは、全体的に見頃がすんでいましたが綺麗でした。
「主な出現鳥」
カイツブリ、カワウ、カルガモ、キンクロハジロ1、コサギ、ダイサギ、アオサギ、イカルチドリ1、ケリ声、トビ、ハイタカ1、キジバト、カワセミ、アオゲラ声、コゲラ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、アオジ声、オオジュリン声、ベニマシコ声、イカル、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシブトガラスetc.
20200405 (1)20200405 (2) 20200405 (3)
  1. 2020/04/05(日) 18:12:17|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

初春の京都御苑散策 2020.3.20

天気:晴れ 気温:15℃ 時間:12:00~13:00

 今日は休日、久しぶりに京都御苑を自転車散策しました。この前自転車の後輪タイヤを交換し、乗り心地満点。人影の無い陽だまりの小鳥の気配、ペアーで巣材を運ぶエナガ、シメとアトリが混じった小さな群れ、中にはイカルとシメの小群も・・・。木の上にとまり囀るビンズイなど、小鳥たちにとっては人間界のコロナウイルスなど関係なく季節が進んでいます。木々の花も満開のモクレン、5部咲きのヤマザクラ、しだれ桜など、どんどん春へと進んでいます。
「主な観察種」
カワウ、マガモ、アオサギ、トビ、キジバト、コゲラ、ビンズイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ♂、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、アオジ、アトリ、イカル、シメ、etc.
  1. 2020/03/20(金) 21:15:22|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

目まぐるしい天気、新旭探鳥会 2020.2.23

天気:曇り時雨、一時みぞれ 気温:6~10℃ 時間:9:10~12:30

 集合前、激しいみぞれが降る。開始時間には、次第に天気が回復する。センター前はずいぶん寂しくなってきた。それでも湖岸では、カワアイサ、ウミアイサ、ホオジロガモ、ハジロカイツブリなどがポツリポツリと見られました。キンクロハジロ、ヒドリガモなども少なくなっていました。湖岸沿いの大木に小鳥の群れはとまる。よ~く見るとヒレンジャクでした。湖岸から山沿いへ移動、時折時雨やみぞれ交じりに見まわれました。それでもマヒワやカシラダカの群れが見られました。予定より早めにコースを回り終了。
「主な観察種」
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ♂♀、ミコアイサ♀、カワアイサ♂♀、ウミアイサ♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ×、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、オオセグロカモメ×、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ♀、ハヤブサ、モズ、カケス声×、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ヒレンジャク±15、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ±30、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ±15、アオジ声etc.
20200223 (2)
  1. 2020/02/23(日) 23:28:25|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

のんびり鳥探し、帰帆島平日探鳥会 2020.2.12

天気:晴れのち曇り 気温:12℃ 時間:9:00~14:00

 この日は平日、探鳥会の担当者として参加しました。この日も昨日にまして暖かい日でした。湖岸へ出ると大きな大木に白っぽい猛禽類、ノスリかな?近くで見ると胸の横班が見え、顔にもくっきり眉班、オオタカ成長でした。帰帆北橋を渡り帰帆島へ、沖合には少しですがオオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモが浮かんでいました。水路側へ行と、カルガモ、マガモが多かったです。帰帆島の公園では、珍しく陽だまりで採食中のトラツグミが1羽。再び水路沿いに歩くと、遠くのマガモ群れの中に1羽のトモエガモ、またミコアイサの雄も見られました。最後にはイオンモールの駐車場でイソヒヨドリ♂に出会いました。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、トモエガモ♂、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ♂♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、トビ、オオタカ、カワセミ♀、コゲラ、チョウゲンボウ×、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス地鳴き、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、トラツグミ1、ジョウビタキ♂♀、イソヒヨドリ♂、スズメ、キセキレイ×、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ声、イカル声、ホオジロ、オオジュリンetc.
20200212 (5)


  1. 2020/02/12(水) 22:15:17|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

比較的暖かな西の湖 2020.2.11

天気:曇りのち晴れ 気温:5~10℃ 時間:8:30~12:30

 冬の西の湖、今年は積雪もなく、暖かい。探鳥会開始早々目の前を猛禽類が飛ぶ、腰のあたりがはっきり白い、ハイイロチュウヒ♀だ!水路にかかる橋の上から見ると、ヨシ原の中で盛んに動き回るオオジュリン、ヨシの茎をかじる音も聞こえてきました。西の湖には数は少ないものの、色んなカモ類がいる。その中に1羽のトモエガモも見られました。園地へ移動中、大きな大木にとまるノスリ、頭上を飛ぶミサゴ、ハイタカ、遠くのヨシ原の上を飛びチュウヒが見られ、目の前のヨシ原では綺麗なベニマシコもいました。田んぼ地帯ではカシラダカ、その中に1羽だけ違ったものが、ホオアカでした。この日はヒバリが鳴き、ウグイスも囀っていました。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オオバン、オナガガモ、トモエガモ♂1、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモミコアイサ♂♀、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ケリ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ♀1、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ♂♀、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ♂♀、ホオジロ、ホオアカ1、カシラダカ、アオジ、オオジュリンetc.
20200209 (1) 20200209 (2)
  1. 2020/02/11(火) 22:52:32|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

中止探鳥会の帰り道 2020.2.9

天気:曇り時折小雪 時間:10:30~111:00

 大浦での探鳥会が風雪視界不良で中止になり、帰りに用事で新旭水鳥センターに立ち寄る。その時にいつものコースを車で短時間まわる。陽だ廻りに小さな白っぽい小鳥がチョロチョロ。車から見るとミヤマホオジロでした。黄色い眉班と喉が日差しの輝き綺麗でした。近くにはアオジの姿も見られました。他の道沿いのブッシュにはベニマシコの姿も見られました。
「主な観察種」
ノスリ、トビ、キジバト、コゲラ、ヒバリ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ルリビタキ声、シロハラ、ツグミ、ウグイス地鳴き、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、ミヤマホオジロ♂3、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ♂♀、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラスetc.
  1. 2020/02/09(日) 22:19:51|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

久しぶりの京都御苑 2020.2.2

天気:晴れ 時間:11:30~12:30
 久しぶりに京都御苑へ自転車で行ってみた。休日なので人が多いが、広いので気にならない。鳥はやはり少なめ、数も少ないが見られた種類も少なめでした。また早朝に行ってみたいです。

「主な観察種」
マガモ、アオサギ、トビ、キジバト、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ♀、ルリビタキ♂若、シロハラ、ツグミ、コガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、アオジ、アトリ、イカル、シメ、ムクドリ、ハシブトガラスetc.
  1. 2020/02/02(日) 22:24:12|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0

今シーズン一番の寒さ、湖北湖岸探鳥会 2020.2.1

天気う:曇り 気温3~5℃ 時間:9:30~13:30
 前日からの寒波、琵琶湖周辺の山々は雪景色。そして点曇り空で湖面にも少し白波がたつ天気でした。それでも気温は例年より高いですが、この日は吹きさす風が冷たい。朝、センター前に多くのコハクチョウが休んでいた。その中にはヒシクイの姿も、山本山のオオワシばあちゃんは、少し高い木にとまっていました。他のカモたちは波が少しあるので、陸に上がるものが多く、そのほかは沖合に避難。この日一番のスターは、岸壁にとまる1羽のクロサギ、琵琶湖に飛来することはめったにありません。小鳥類は相変わらず少なめです。

「主な観察種」
ヒシクイマガン×、コハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモカワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、クロサギ1、オオバン、イソシギ×、ハマシギ×、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、トビ、オオワシ、ノスリ、カワセミ、ハヤブサ、モズ×、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ×、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス×、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、キセキレイ×、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ビニマシコ声×、ホオジロ、カシラダカ、アオジetc.

s-20200201 (2)



  1. 2020/02/01(土) 23:38:06|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

1月最後の探鳥会、新旭探鳥会 2020.1.26

天気:曇りのち晴れ 時間:9:10~13:20
 この日は久しぶり妻同伴。この日は朝は曇り空だっただ、次第に晴れ間が見え、気温も上昇し鳥日和でした。相変わらずセンター前の水鳥が少ない。沖合には識別不能種が点々と浮かんでいる。開始して早々コハクチョウが3羽飛来した。そして沖合に千羽の近くのハジロカイツブリの群れが二つが左右に動いていく。またこの日はウミアイサが多かった。山沿いへ移動すると、今年の姿がすくないものの、カシラダカの大群やマヒワの群れが見られました。猛禽類では、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、湖岸ではミサゴが見られました。
「主な観察種」
キジ♂、コハクチョウ3、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ1、ノスリ2、カワセミ、コゲラ、アカゲラ声、チョウゲンボウ♂、モズ、カケス声、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ声、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス地鳴き、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ声、ツグミ、ジョウビタキ♂♀、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ±10、ベニマシコ声、シメ、ホオジロ、カシラダカ±100、アオジetc. +ドバト、ソウシチョウ
20200126 (2)


  1. 2020/01/26(日) 22:42:50|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

今年最初の定例下物探鳥会 2020.1.19

天気:晴れのち曇り 気温:10℃ 時間:8:30~12:00

 今年最初の定例下物探鳥会です。たくさんの参加者があり、賑やかでした。赤野井湾には多くのオオバンが集まり、その中にホシハジロ、キンクロハジロも混じっていました。田んぼの方では、1羽のノスリが電柱にとまり、のんびり日向ぼっこ。蓮の田んぼでは、じっと動かない忍者タシギも見られました。天気はこの時期としては穏やかで温かい。またここでも小鳥類はスズメ以外少ないです。
「主な観察種」
オカヨシガモ、ヨシガモ×、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン×、オオバン、タゲリ1×、ケリ、タシギ1、ハマシギ、ユリカモメ、ズグロカモメ1、カモメ、セグロカモメ、トビ、ノスリ1、カワセミ、チョウゲンボウ1、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス地鳴き、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ×、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ声、オオジュリン声 etc.
20200119 (1)

  1. 2020/01/19(日) 22:12:26|
  2. 滋賀・探鳥会
  3. | コメント:0

庭のメジロ 2020.1.16


  1. 2020/01/16(木) 17:24:14|
  2. 個人野鳥観察
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

akasyoubinsan

Author:akasyoubinsan
akasyoubinの野鳥観察日記です。日本野鳥の会滋賀や京都の探鳥会や個人での野鳥観察記録です。

akasyoubin's BIRDERS

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

カテゴリ

滋賀・探鳥会 (206)
個人野鳥観察 (82)
調査 (22)
京都・探鳥会 (21)
交流会 (1)
野鳥探鳥地 (13)
未分類 (0)

最新記事

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

QRコード

QR

人気度

FC2Blog Ranking